ETCカードの作り方について

ETCカードは高速道路の料金を支払うために必要なかーどであり、決済に必要な情報がすべて入っているので、搭載機に入れて設置していれば自動で決済してくれる仕組みとなっています。
基本的にクレジット機能搭載のカードとして作られるので、ETCカードを作りたい場合はクレジットカード会社のHPに行って作れば良いですし、すでに持っているカードにETC機能をつけたいときも同じく、HPから追加で作ると良いでしょう。

ETC機能付きのクレジットカードの発行の仕方はカードによって異なりますが、大抵作り方についてF&Qコーナーに書かれていることが多いのでそこを参考に申し込んでください。

ウェブや店頭からETCカードを申し込んだら1、2週間ほどで届きますし、年会費無料のカードも多いので事前にどういうカードなのか年会費や付属サービスについて調べておいたほうがよいでしょう。
クレジット昨日の無いETC機能だけが付いているカードを作る場合は、サービスエリアなどにおいてあるETCパーソナルカード利用申込書に必要事項を記入した上郵送で送る必要があります。
書類は事務局に連絡すれば送ってもらうことも可能で、ETCパーソナルカードはデポジットと呼ばれる保証金を支払い、利用した金額は申込書に記入した口座から落とされます。

クレジットカードの審査も無く、ブラックな人でも作れるカードではありますが使いにくい点はありますので、作るときは保証金を支払う必要があり申し込みは郵送のみというのを理解のうえ申し込んでください。
ETCカードの作り方はこちら⇒ETCカード 作り方
Yahoo JAPANリンクです。

トップに戻る

メニュー